Live manual

test @ sisudoc.org

sisu

[ document manifest ]

<< previous toc next >>

Live システムマニュアル

Debian インストーラの独自化

12. Debian インストーラの独自化

Live システムのイメージは Debian インストーラと統合できます。インストールには収録内容やインストーラの動作方法によりいくつもの異なる種類があります。

この節で「Debian インストーラ」と大文字を使った表記で参照しているところに注意してください - この表記の場合には公式の Debian システム用インストーラを明示的に指していて、他の何かではありません。「d-i」と短縮することもよくあります。

12.1 Debian インストーラの種類

インストーラの主な3つの種類:

「通常の」Debian インストーラ: これは通常の live システムのイメージで、(適切なブートローダからそれを選択した場合に) Debian の CD イメージをダウンロードしてそれをブートしたのと同様に標準の Debian インストーラを起動するための別個のカーネルと initrd を収録しています。live システムとこういった別個の独立したインストーラを収録するイメージはよく「複合イメージ」と呼ばれます。

こういったイメージでは、debootstrap を使ってローカルメディアやネットワークから .deb パッケージを取得、インストールすることで Debian がインストールされます。結果としてはデフォルトの Debian システムがハードディスクにインストールされます。

このプロセス全体で、いくつもの方法で preseed を使って独自化できます。さらなる情報については Debian インストーラマニュアルの関連するページを見てください。機能する preseed ファイルが得られたら live-build が自動的にイメージに取り込んで使えるようになります。

「Live」Debian インストーラ: これは live システムイメージで、(適切なブートローダからそれを選択した場合に) Debian インストーラを起動するための別個のカーネルと initrd を収録しています。

インストールは上記で説明した「通常の」インストールと全く同じように進みますが、実際にパッケージをインストールする段階で、debootstrap を使ってパッケージを取得、インストールする代わりに、live ファイルシステムのイメージを対象にコピーします。これは live-installer という特別な udeb により行っています。

この段階の後は、Debian インストーラはインストールや、ブートローダやローカルユーザ等の設定を通常どおり続けます。

注意: 一つの live メディアのブートローダの項目で通常のインストーラと live インストーラの両方に対応するには、live-installer/enable=false という preseed により live-installer を無効化する必要があります。

「デスクトップ」Debian インストーラ: 収録する Debian インストーラの種類を問わず、デスクトップからアイコンをクリックすることで d-i を起動できます。状況によってはこちらの方がユーザからわかりやすいこともあります。これを使えるようにするには debian-installer-launcher パッケージを収録する必要があります。

live-build は Debian インストーラのイメージをデフォルトではイメージに収録しないことに注意してください。lb config により具体的に有効化する必要があります。さらに、「デスクトップ」インストーラが機能するようにするには live システムのカーネルが指定されたアーキテクチャで d-i が利用するカーネルと一致する必要があることに注意してください。例えば:

$ lb config --architectures i386 --linux-flavours 486 \
         --debian-installer live
$ echo debian-installer-launcher >> config/package-lists/my.list.chroot

12.2 preseed による Debian インストーラの独自化

http://www.debian.org/releases/stable/i386/apb.html› にある Debian インストーラマニュアルの付録Bで説明されていますが「preseed は、インストールの実行中に手作業により回答を入力せずに、インストールプロセス中の質問の回答を設定する方法を提供します。これにより、ほとんどの方法のインストールを完全に自動化し、さらに通常のインストールでは利用できない特徴もあります」。この種の独自化は live-build を使って設定を preseed.cfg ファイルに書き、config/includes.installer/ に置くことで最も完成させることができます。例えばロケールを en_US に設定する preseed は:

$ echo "d-i debian-installer/locale string en_US" \
         >> config/includes.installer/preseed.cfg

12.3 Debian インストーラの収録内容の独自化

実験やデバッグの目的で、ローカルでビルドした d-i の一部である udeb パッケージを収録したいことがあるかもしれません。config/packages.binary/ にそれを配置してイメージに収録します。 Live/chroot ローカルインクルード と同じ方法で内容を config/includes.installer/ に置くことで、追加または置換するファイルやディレクトリを同様にインストーラの initrd に収録することもできます。


[ document manifest ]

<< previous toc next >>