Live manual

test @ sisudoc.org

sisu

[ document manifest ]

<< previous toc next >>

Live システムマニュアル

プロジェクトへの貢献

13. プロジェクトへの貢献

貢献物の提出にあたっては著作権者を明確に識別し、適用するライセンス文を収録してください。受け入れられるためには、その貢献物はその文書の他の部分と同一の、GPL バージョン 3 以降というライセンスを採用する必要があることに注意してください。

翻訳やパッチといったプロジェクトへの貢献は大いに歓迎します。誰もがリポジトリに直接コミットできますが、大きな変更についてはまずメーリングリストに送って議論するようお願いします。さらなる情報については 連絡先 節を見てください。

Live システムプロジェクトでは Git をソースコード管理用のバージョン管理システムとして利用しています。 Git リポジトリ で説明しているように、開発用ブランチは debiandebian-next の2つあります。debian-next ブランチの live-bootlive-buildlive-configlive-imageslive-manuallive-tools リポジトリには誰でもコミットできます。

ただし、特定の制限があります。サーバは

を拒否します。あらゆるコミットを訂正できるとはいえ、自分の常識に従って、良いコミットメッセージを使って良いコミットを行うようお願いします。

13.1 変更を加える

リポジトリに送るには、以下の手順に従う必要があります。ここでは live-manual を例として使うのでそれは作業したいリポジトリに置き換えてください。live-manual を変更する方法に関する詳細な情報については この文書への貢献 を見てください。

$ mkdir -p ~/.ssh/keys
$ wget http://live-systems.org/other/keys/git@live-systems.org -O ~/.ssh/keys/git@live-systems.org
$ wget http://live-systems.org/other/keys/git@live-systems.org.pub -O ~/.ssh/keys/git@live-systems.org.pub
$ chmod 0600 ~/.ssh/keys/git@live-systems.org*

$ cat >> ~/.ssh/config << EOF
Host live-systems.org
     Hostname live-systems.org
     User git
     IdentitiesOnly yes
     IdentityFile ~/.ssh/keys/git@live-systems.org
EOF

$ git clone git@live-systems.org:/live-manual.git
$ cd live-manual && git checkout debian-next

  $ git config user.name "John Doe"
  $ git config user.email john@example.org

重要: 変更はどれも debian-next ブランチにコミットする必要があるということを忘れないでください

$ git commit -a -m "Adding a section on applying patches."

$ git push


[ document manifest ]

<< previous toc next >>