Live manual

test @ sisudoc.org

sisu

[ document manifest ]

<< previous toc next >>

Live システムマニュアル

Live システムプロジェクトへの貢献

2. Live システムプロジェクトについて

2.1 動機

2.1.1 現在の Live システムの問題点

Live システムプロジェクトが始まったとき、利用可能な Debian ベースの Live システムは既に複数あり、素晴らしい作業を行っていました。Debian の視点から見て、そのほとんどには以下のような不満があります。

2.1.2 自身の Live システムを作成する理由

Debian はユニバーサルオペレーティングシステムです: Debian に Live システムがあることで Debian システムを案内、正確に表現することができるとともに、主に以下の利点があります:

2.2 哲学

2.2.1 Debian「main」の変更しないパッケージしか使いません

「main」Debian リポジトリのパッケージだけを利用します。「non-free」は Debian の中には含まれないため、公式の Live システムのイメージでは利用できません。

いかなるパッケージも変更しません。何か変更が必要であれば Debian のそのパッケージのメンテナと調整を行います。

例外として、live-bootlive-buildlive-config といった私達の独自のパッケージを開発用の目的 (例えば開発用スナップショットの作成) のため私達自身のリポジトリから一時的に利用するかもしれません。このパッケージ群は定期的に Debian にアップロードされます。

2.2.2 Live システム固有のパッケージ設定はありません

現段階で、インストール例や代替設定は組み込んでいません。パッケージが利用されるのは Debian を普通にインストールした後のものなので全てデフォルト設定です。

別のデフォルト設定が必要であれば Debian のそのパッケージのメンテナと調整を行います。

debconf を使うことで提供されるパッケージ設定システムにより、独自に作成した Live システムのイメージを使って独自に設定したパッケージをインストールすることができるようになりますが、 ビルド済み Live イメージ では Live 環境で動作させるために絶対に必要だという場合を除いて、パッケージをそのデフォルト設定のままにすることを選択しました。Live 用ツールチェインや ビルド済みイメージ設定 への変更よりも、そこで可能である限り、Debian アーカイブにあるパッケージを Live システムでよりよく動作させることを好みます。さらなる情報については、 独自化概要 を見てください。

2.3 連絡先


[ document manifest ]

<< previous toc next >>